忍者ブログ
衣・食・住、暮しの中で最低限必要なもの。しかも、地方によって変わったもの、美味しいものいろいろあるからねぇ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

以前、高松に出張に行ったときのことである。

ちょうど、昼時で腹が減ったなぁと思いつつ、栗林公園附近を高松駅方面
に歩いていた。

大きなビルからサラリーマンやOL風の人たちがたくさん出てきて
三々五々散っていく。

お昼に食事に行くのだなって思って一番大きなグループの後についていった。

すると、路地の一角に人だかりが。
よく見ると、食堂とも思えないような建物のなかは人で一杯。
乱雑におかれたイスに座る人、建物内で立っている人路地に出て立っている人、
みんな丼を持ちうどんを食べている。


sanuki.udon

讃岐うどんとの初めての遭遇であった。

付いていったグループの最後尾に並び
前の人のみようみまねで注文し何とか讃岐うどんにありついた。

さすがに、ご当地ものといえば必ず名前の挙がるだけのことはある。
路地で立って食べても美味しかった。

小さい時からなれ親しんでいるうどんとは対極にあるものだった。
小さい時に食べていたうどんもご当地モノといえる。




伊勢うどんという。

三重県伊勢市を中心に食べられ、たまり醤油に鰹節やいりこ、昆布等の出汁を
加えた、黒く濃厚なつゆ(タレ)を、軟らかく煮た極太の緬に絡めて食べる。
徹底的にコシをなくした極太麺と濃厚なタレは、まさに讃岐うどんと対極にある。

どちらも、歴史と伝統に裏打ちされたご当地モノといえる。
PR
日本テレビ系列で放送されている、
カミングアウトバラエティ!! 秘密のケンミンSHOWを見るまでもなく、
世の中にはまだまだ知られざるご当地モノが埋もれているはず。

そして、そんなものこそ是非手に入れたいものだったり、
ぜったい食べてみたいものだったりするんですよね。

かといって、買いに行くには遠すぎたり、頼める知人がいなかったり、
お取り寄せ出きなかったり。


(夜明け前から並ぶ赤福の朔日餅販売風景)

中には、
絶対欲しいけど実物がどんなものかはっきり知らないなんて人もいるんじゃない?

そんな時、スッゴク役立つのが
ちょっと面白いお役立ちサイト「しごとのセリ市」なんだ。

そのサイトの、「ほしいモノ>ご当地モノ」というカテゴリー中で

情報を提供して欲しい。
ぜひ、手に入れて欲しい。など
条件と共に要望を出品すると、

その要望を叶えられるという人からの入札がはいる。

逆オークション形式なので、出品する人はお金を払う人。
入札する人は仕事をしてお金を貰う人。
だから、入札が多ければ、出品する人は安価で要望が叶うってワケ。

入札する人も、プライスレスの何かをアピールする事が出来るし、
誰にお願いするかは、出品した人の気持ち次第。

ねっ。面白いでしょ。

まずは、「しごとのセリ市」にアクセスしてみて。
そして、ご当地モノに興味のある人は、ご当地モノカテゴリーをチェック。

生産量が少なくてお取り寄せが出来ないどころか、地元でも夜明け前から並ばなきゃ買えない数量限定の餅菓子や、幻の銘酒っていわれるお酒も手に入るかもね。

また、その地方独特の衣食住の文化や習慣を地元の人に取材依頼も出来るね。
時間と予算に縛られるライターの方には朗報かも。

プロフィール
HN:
のんびりオヤジ
年齢:
58
性別:
男性
誕生日:
1960/06/05
BlogRanking
ランキングUPに ご協力ください。
日記@BlogRanking

【トレミー】人気ブログランキング
【トレミー】人気ブログランキング


QLOOKアクセス解析
ご当地モノがあつい!
ご当地モノなら、
「しごとのセリ市」にアクセスし
ご当地モノカテゴリーを
チェック。

生産量が少なくて
お取寄せが出来ないどころか
夜明け前に並ばなきゃ
買えない数量限定品や、
幻の銘酒っていわれる
お酒も手に入るかもね。

その地方独特の衣食住の
文化や習慣を地元の人に
取材依頼も出来るね。
時間と予算に縛られる
ライターの方には朗報かも。
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
フリーエリア
最新コメント
[10/20 G]
最新トラックバック
フリーエリア


QLOOKアクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アド

Copyright © [ 衣・食・住・見・聞・録 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]